坂本よしたか

老舗の仮想通貨ビットシェアーズについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老舗の仮想通貨ビットシェアーズについて解説

坂本よしたかです。ビットシェアーズは金融ソリューションのプラットフォームであり、そこで利用されるトークンでもあります。

ここではビットシェアーズの特徴的な部分や、将来性などについて解説させていただきます。

ビットシェアーズは2014年7月に開発された仮想通貨で、当初の開発はInvictus Innovations社が担っていました。

現在はCryptonomex社によって開発されており発行上限数は37億枚、通貨としての記号はBTSです。

プラットフォームの名称は、ビットシェアーズネットワークとなっています。

ビットシェアーズネットワークは、管理者のいない分散型取引所です。

ブロックチェーン上での銀行業務などを含む金融サービスを、企業向けに展開しています。

管理者のいない分散型金融プラットフォームは他にもありますが、ビットシェアーズは一切の管理機関を持ちません。

そのため不正が起こるリスクは極めて低いと言われています。

ビットシェアーズネットワークには、取引の承認を行うための3つの役割が存在します。

承認者はWitness、ブロックチェーンの仕様等の変更を提案する人をCommittee、機能拡張や開発を行う人をWorkerと呼びます。

これらの役割分担はビットシェアーズを特徴付けるものです。
承認アルゴリズムDPoSでは一つの取引に複数のWitnessが選出され、トランザクションの収集、ブロックへの署名を行います。

仕様変更の提案などもWitnessが行い、投票プロセス後に実行に移されます。

ビットシェアーズネットワーク内には、スマートコインなどの商品もあります。

常にBTSの100%以上の価値を持ち、交換や分割も可能な柔軟性の高い通貨でもあります。

また、アフィリエイトに似た仕組みを持つのもビットシェアーズの大きな特徴と言えます。

紹介した人が取引を行うと紹介者に報酬が支払われるもので、仮想通貨の仕組みとしては珍しいものです。

このプログラムでは会員の資格を3つのランクに分け、それぞれに異なるサービスが提供されています。

ビットシェアーズは仮想通貨としては古い部類ではあるものの、他にないサービスを提供することで差別化を図っています。

企業向けの安定したサービスを提供しているため、将来的にも大きな不安はないと言えるでしょう。

投資対象の一つとして検討するのも良いかもしれません。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*