坂本よしたか

坂本よしたか徹底解剖「メタルの特徴」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

革新的決済システムの仮想通貨メタルの特徴

坂本よしたかです。

メタルは仮想通貨を法定通貨に置き換え、新たな金融システムを作ることを目指して作られました。

こうした目的で開発される仮想通貨は多いですが、メタルはどのような特徴のある通貨なのか徹底解説します。

メタルは決済に利用するための仮想通貨として開発され、2017年6月に公開されました。

発行元はMetallicus社、通貨の単位はMTLとして取引されていますが、国内の取引所では購入できません。

最大発行数が約6600万枚ということもあり、まだ知名度の低い仮想通貨でもあります。

利用しているブロックチェーン技術はイーサリアムのもので、公平性を重視して配布されています。

投資を目的とした購入よりも利用するための仮想通貨としての色合いが濃いでしょう。

そのためにも、アプリケーションの開発に期待する声は多いようです。

仮想通貨で支払いが可能な店舗は、少しずつ増えています。

しかし、利用できる仮想通貨は限られていますし、支払いの自由度が高いとは言えません。

Metallicus社が提供するMetalpayを利用すれば、仮想通貨と個人情報を結び付けて簡単に利用できるようになります。

クレジットカードを持ちたくても、持てない人でもMetalpayを使えばキャッシュレスで支払いが可能です。

銀行に行かずに送金を済ませたり、手数料を安く抑えることも可能です。

また、ウォレットに個人情報が紐づいており、一部の人間だけがメタルを独占できないようにもなっています。

使うことに特化したとも言えるメタルは、ユーザーの手間をなくすための工夫もされています。

QRコードや電話番号のみでの送金を可能にしたのも、ユーザーのことを考えた工夫の一つです。

メタルを利用したり購入したりすると、数%のメタルが還元されます。

クレジットカードなどでもよくある、ポイントサービスのようなものです。

しかし、還元率が高いためメタルの利用を促すためには十分なメリットになると考えられます。

マイニング以外にメタルを得る手段があるという点も、利用を増加させるポイントになりそうです。

メタルの価格はMetalpayがどれだけ普及するかにかかっているとも言えます。

国内で利用できないのがネックになりそうですが、海外での普及が進めば仮想通貨としてのメタルの価値は上がるでしょう。

メタルは海外の主要な取引所で簡単に購入できます。
日常的な仮想通貨の利用という目的から見ても、将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。

今回の記事は以上になります。理解しましたか?

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*