ビットキャッシュ

ビットコインキャッシュが今月半ばにハードウォーク予定です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

坂本よしたかです。ビットコインキャッシュ(BCH)が2018年5月15日頃にハードフォーク予定との話が出ております。

ブロックサイズ拡張とスマートコントラクト実施へ。

ビットコインから分岐したコインがビットコインキャッシュ(BCH)です。
そのビットコインキャッシュがさらに今月半ばにハードフォークする予定です!

フルノードクライアントのBitcoin ABC AmaurySéchetのリード開発者は、Bitcoin Cash(BCH)が5月15日にフォークし、ブロックサイズが大きくなり、いくつかの調整が可能になることを確認しました。

Bitcoin ABCの開発者は、新しいコンセンサスのルールを含め、打ち上げ前にダウンロードできるBitcoin ABC 0.17.0のコードベースを作成しました。この変更は、5月15日の12時(UTC=協定世界時)に予定されており、設定されたブロックの高さではなく、MTP(Median Time Passed)に基づいて行われます。

今回は新しいコインがもらえるというようなハードフォークではないようです。時間でハードフォークされるようですね。

なお、11月にも同様のハードフォークが行なわれる予定です。
今回行なわれるハードフォークには、大きな2つの特徴があります。

BCHのブロックサイズは以前から32MBまで引き上げると言われていました。ついに拡張される予定ということです。

箱(ブロックサイズ)を大きくしても利用人数が増え続けたら送金が遅れるんじゃないのかな?と思うかもしれません。

しかし、32MBまでブロックサイズが大きくなるとPaypal並の処理が可能になります。既に世界中で利用されているPaypalで送金が遅れるという話はあまり聞いたことはないと思います。実際、Paypal並になってみないと何とも言えませんが、理論上では手数料は上がらないようなブロックサイズ32MBになるそうです。

現在のBCHの送金手数料は世界中のどこに送っても数円程度です。

それ以上に手数料が高い時があるのは、取引所の手数料が上乗せされているからです。そして、取引所でも上乗せ手数料もかわります。

ビットコインキャッシュは、元のサトシナカモトの思想を重要視しており小額決済にこだわりを持っています。上のビットコイン長者の1人であるロジャーさんのような強力な支援者もいます。
しかしながらBCHはビットコインに変わる決済通貨を目指しているものの、現状ではビットコインに比べると利用できる店舗が殆どないのが現状です。何故ならまだ無名だからです。日本ではハッキング被害にあったネムの方がまだ知られています。

とはいえ、出来高はビットコインに近づいてきています。何より2017年夏に生まれたばかりのまだ新しい仮想通貨です。BTCとBCHどちらが小額決済に向いているか客観的に選ぶとするとBCHです。これから利用店舗を増やしていき、使われていけばBTC以上の価値になることがあると思います。

今後の動向を要チェックですね!仕込んでおくのはありではないでしょうか。

今回の記事は以上になります。
少しばかり難しい内容でしたが理解できましたか?

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

*