坂本よしたか

坂本よしたか【SBIが仮想通貨事業進出】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。
様々な金融サービス事業を手掛けるSBIホールディングス傘下のVCTRADEは、2018年6月に仮想通貨交換事業に参入しました。
強豪との差別化を図る戦略を打ち出していますが、これによって仮想通貨取引にどのような変化が生じるのでしょうか。

SBIホールディングスは証券や、銀行を始めとした金融サービスやアセットマネジメント事業を展開しています。
今回仮想通貨の交換事業に参加したのは、完全子会社のSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社です。
2018年1月に開始予定でしたが、コインチェック事件を受けたセキュリティ対策構築のため参入が延期されていました。
正式なサービス開始日は2018年6月4日からです、一般向けの口座開設は7月中を予定しています。
仮想通貨交換業登録は2017年9月に完了しており、10月から12月には先行予約で口座開設の受け付けも始められていました。
サービスは先行予約に申し込んだ約2万人の顧客を対象にスタートするとし、順次パスワードなどが発送されています。

取り扱う通貨はリップル、ビットコインキャッシュ及びビットコインの3種類です。
マネーロンダリング防止対策として入出金を日本円に限定しており、仮想通貨による引き出しは不可となっています。
また取引システムには、アメリカの大手取引所ナスダック市場のマッチングエンジンが採用されています。
運営の鍵となるセキュリティについては大手セキュリティ会社と提携し、万全の体制を整えて運営すると発表されました。

SBIでは仮想通貨交換事業の手数料であるスプレッドの大幅な引き下げを、明確に打ち出しています。
業界最低水準のスプレッドでNo.1を目指す方針を明らかにしていることから、他の取引所の動向も気になるところです。
金融関連サービスで培った経験や運用実績を生かすことができれば、既存の取引所にとって大きな脅威ともなり得ます。
セキュリティについては事業参入の時期を遅らせてまで強化されただけに、信頼がおけることは間違いないでしょう。
資金力、知名度でも競合他社に劣る点は見られず、グループ間の連携を生かした 販売の拡大も期待できます。

仮想通貨事業参入の難しさは参入を断念する企業が多いことからも明白であり、大きなリスクを抱えることにもなります。
SBIホールディングスを親会社に持つVCTRADEの動きに注目する投資家は多く、業界に革命を起こすことが期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*