坂本よしたか

坂本よしたか【ハードウォークとソフトウォークの違い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。仮想通貨に投資をするのなら、知っておくべき知識があります。
それがハードウォークと、ソフトウォークの違いです。
これから投資をするのなら必ず知っておくべきなので、しっかりと理解をしておきましょう。

端的にお伝えしますとソフトウォークは互換性のある仕様変更で、ハードウォークは互換性のない仕様変更を意味します。
どういうことかを、詳しく解説をしていきましょう。
この用語が頻繁にでてくるのは、スケーラビリティの問題です。
仮想通貨は、ブロックチェーンで情報を共有しています。
流通量が多くなり取引量が増えると、このブロックに書き込める容量がギリギリになってしまうのです。
結果的に取引をするための処理が遅れてしまい、仮想通貨の利点の1つである送金の早さが機能しなくなります。
これをスケーラビリティの問題と呼んでいるのです。

このスケーラビリティの問題を解決するための方法が、仕様変更であるハードウォークとソフトウォークになります。
簡単に説明をしていきますと、ハードウォークではブロックに書き込める容量がギリギリであるのなら、ブロックそのものを大きくすればいいという考え方です。
しかしブロックの大きさそのものを変えるということは、チェーンのようにつなげることができません。
つまり従来のブロックとは互換性がないので、仮想通貨そのものを新しくする必要があるのです。

対してソフトウォークは、ブロックの大きさは変更しません。
ではなにを変更するのかと言うと、ブロックに書き込まれる情報を圧縮して小さくするのです。
ブロックそのものの大きさは以前と同じものなので、チェーンとしてつながることができます。
結果、仮想通貨自体をを新しくする必要はなく、互換性があるのでそのまま利用できるのです。
実際にいくつかの仮想通貨はソフトウォークを実行していて、その価値を落とすことなく利用されています。

ハードウォークとソフトウォークの2つは仮想通貨の将来性などで大きく取り上げられるものです。
この2つの単語を理解しておけば、その話も頭に入りやすくなるしょう。
基本的に仮想通貨の仕様変更は価格変動にも大きな影響を及ぼしますので、ニュースなどで話題がでた時は動向にしっかりと注意しておくのをお勧めします。
ハードウォークの変更によって、仮想通貨が分裂するのも珍しい話ではありません。
意外と頻出することが多いので、しっかりと頭に入れておいてください。

仮想通貨におけるハードウォークと、ソフトウォークの違いについて説明をしてみました。
ハードウォークは互換性がない、ソフトウォークは互換性がある変更のことだと覚えておきましょう。

その他仮想通貨の基礎を学びたい方は坂本よしたかのメルマガ登録へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*