坂本よしたか

DPレーティングが仮想通貨取引所の格付けを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。仮想通貨格付け企業として2017年に創設されたのが、中国の上海に拠点を置くDPレーティングです。
独自の分析によって、仮想通貨取引所や仮想通貨の格付けレポートを発表しています。

仮想通貨界におけるムーディーズを目指すDPレーティングは、2018年7月版の仮想通貨取引所ランキングを公開しました。
同社の仮想通貨取引所ランキングでは基準が4つ設けられ、それはチームの陣容と開発力のほか、トレーディングとコミュニティで構成されています。
チームの陣容では、取引所の創設メンバーや出資者に加えて、運営期間が評価基準に含まれます。
開発力ならプラットフォームの安定性と安全性が判断され、トレーディングでは対応している通貨数や取引量だけでなく流動性も確かめられます。
さらにコミュニティにおいては、SNSでの評価やTwitterのフォロワー数にあわせて、1日あたりの訪問者数までチェックが行われます。
DPレーティングの格付けは、単純にどれかひとつが優れていれば、仮想通貨取引所として高評価になるわけではありません。
総合的に比較されてランクが決まりますし、Aaという最高評価を受けるのは非常に難しくなっています。

2018年7月版の仮想通貨取引所ランキングを確認すると、最高評価のAaに該当するのはランキング最上位のBinanceだけです。
Binanceは香港からマルタに拠点を移した海外の仮想通貨取引所であって、100種類を超えるアルトコインに対応しています。
サービスは取引所形式で、ハードフォークコインのサポートを受けられますし、取引手数料が安いこともよく知られています。
続いてA評価で並ぶのは、まずはBitfinexとBittrexが当てはまり、他にはCoinbase ProとHuobi Globalになります。
いずれも海外の仮想通貨取引所として有名ですから、聞いたことがある人がほとんどかもしれません。
日本国内の取引所では、Bb評価にbitFlyerがランクし、2016年にシンガポールから本社機能を日本に移したQuoineもB評価に存在します。
またBbb評価にKrakenがランクしていますが、Krakenは日本からの撤退を発表済みなので注意してください。

DPレーティングの発表した7月版仮想通貨取引所ランキングでは、Aa評価が海外の仮想通貨取引所であるBinanceのみでした。
A評価も海外取引所の4企業が該当したものの、日本の取引所はBb評価にbitFlyerがあり、B評価にQuoineがランク入りしています。

坂本よしたかのメルマガ登録お願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*