坂本よしたか

坂本よしたか Coinexchenge

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。海外の取引所では仮想通貨に対する規制が日本とは異なるため、国内の取引所では見かけない草コインも取り扱われていたりします。
仮想通貨取引所のCoinExchageは、どのような特徴を備えた取引所なのでしょうか?

2016年に設立されたイギリスに拠点がある海外の仮想通貨取引所がCoinExchageです。
サービスは手数料が安い取引所形式に該当し、CoinExchageでは利用者同士がマッチングされる形で仮想通貨取引を実行できます。
ただし販売所形式のサービスが提供されていないことに加えて、使える基軸通貨に日本円が含まれていないので注意してください。
CoinExchageで選べる基軸通貨は、ビットコインとイーサリアムのほか、ドージコインが代表的です。
これ以外にライトコインとイーサリアムクラシックも基軸通貨にあるものの、通貨ペアの数は比較して少なくなっています。
通貨ペアが最も豊富な基軸通貨はビットコインであり、CoinExchageの全基軸通貨をあわせた通貨ペアは500種類以上になります。
CoinExchageでは特に草コインと呼ばれる仮想通貨が揃っていますから、草コイン目当ての人に適した取引所といえるでしょう。

日本国内の仮想通貨取引所で口座を開設するには、アカウント登録や2段階認証だけでなく本人確認手続きも必須です。
海外の取引所でも厳格な登録手続きを要するところが見られますが、CoinExchageなら口座開設にて本人確認手続きが必要ありません。
CoinExchageはアカウント登録と2段階認証だけで、手間をかけずに口座開設を終えられるメリットを備えています。
さらにICOのトークンが上場しやすい取引所として知られていますので、草コインやICOへの投資に注力したいときに役立つ取引所かもしれません。
もちろんCoinExchageで草コインやICOトークンに投資する場合には、詐欺コインのリスクを避けられないので注意が必要です。
世界最大級の規模を誇る海外の仮想通貨取引所と比べれば、仮想通貨の流動性が低いデメリットもCoinExchageには存在しています。
公式サイトは日本語に対応していませんし、重大なトラブルが起これば閉鎖に追い込まれるリスクも考えられます。
CoinExchageの活用を検討している人は、メリットとデメリットの両方を踏まえた上で判断していきましょう。

500種類以上の通貨ペアが用意され、草コイン投資に向いている海外の仮想通貨取引所がCoinExchageです。
取引に法定通貨の日本円は使えませんが、選べる基軸通貨は5種類もあるため、取引する草コインにあわせて使い分けられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*