坂本よしたか

イランでビットコインが高騰継続!世界平均の3倍を突破へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。

日本では、一時期高騰していた仮想通貨がビットコインです。このビットコインは世界中で取扱があり、高騰している国の1つがイランになります。イランは中東の大国で、過去最高記録を更新するほどビットコインが高騰しています。その理由について考えてみましょう。

結論からお伝えしますと、イランでビットコインが高騰している理由は、仮想通貨のマイニングが政府から正式に産業として認めたからです。その結果、マイニングが最も盛んに行われているビットコインの価格が高騰しました。世界平均の3倍を超える値段をつけるほどで、まさしくバブル状態だと言えるでしょう。公的な機関からお墨付きを得たことで、マイニングという新しい産業が興りました。イラン政府そのものも大筋としては、肯定的な意見を述べているのが特徴です。ただし、気になる発言もしています。

それは仮想通貨全体に関して、手放しで認めるわけではなく、規制が必要だとするものです。どのような規制がなされるのかはわかりませんが、慎重に扱うべきだというのが、世界的な流れなのでしょう。日本も含めて、仮想通貨に対する法整備は、まだまだなされていません。そのため問題が多いのも事実だと言えます。当然ながら規制が必要な部分も多いので、どのような内容になるのかは注目したいところです。

では、どうしてこのような選択がとられたのでしょうか。多くの人がご存じでしょうが、イランは現在のところアメリカから経済制裁を受けています。この経済制裁を回避するのに、仮想通貨が使えると判断したのかもしれません。実際に2017年にはイラン人が所有するビットコインが、アメリカ政府によって差し押さえされました。ちなみに、その額は約60億米ドルにものぼるそうです。日本円にすると6000億円相当になるので、かなりの額であることがわかります。さらにこの時点では、イラン国内では仮想通貨の扱いが禁止されていたのも大きいでしょう。
しかし、今回の件でイラン国内での仮想通貨は、正式な産業の1つとして認められました。結果として、イランでは仮想通貨が大きな持ち上がりを見せたのです。こうした背景があることを知っておくと、仮想通貨の世界も現実世界とはきってもきれない関係にあるのがわかります。

イランでは仮想通貨のマイニングを正式な産業として、政府が公式に認めました。その結果、イランではビットコインのマイニングが盛んに行われていて、価値が上昇しています。世界平均の3倍の価格がつくほど高騰していますが、規制がつくのも時間の問題でしょう。

仮想通貨の最新嬢は坂本よしたかのメルマガ登録へ
仮想通貨最新情報を集める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*