坂本よしたか

みんなのビットコインが増資 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。ネット通販などのサービスを利用した経験があれば、投資家ではなくても楽天グループという名を聞いたことがあるでしょう。
楽天グループの楽天カードが親会社であるみんなのビットコインが、追加投資を受けたことが報道されました。
公式ホームページ上の資本増強の発表によると、資本金が7億3,000万円になったとのことです。

みんなのビットコインが楽天グループの傘下に加わったのは、2018年10月のことです。
楽天は子会社である楽天カードを通じて、みんなのビットコインの全株式の取得を8月に発表しました。
買収額は2億6,500万円であり、株式は10月1日付けで譲渡されたと報道されました。

発表が行われた8月時点では、みんなのビットコインの資本金は1億3,000万円でした。
そして10月に入り、3億5,000万円の増資が行われたことが発表されたのです。
10月に行われた増資では経営基盤や組織の安定化、またシステム開発やセキュリティ増強を図るとされていました。

そして2019年1月7日に、傘下に加わってから二度目の増資が行われました。
増資により財政基盤を強化し、事業拡大やサービスの利便性と安全性を図ることが発表されたのです。

2019年1月現在で、みんなのビットコインが楽天グループ入りを果たしてからおよそ3ヶ月が経過します。
その間で合計6億円の増資が行われたため、企業としても成長を遂げたと言えるのではないでしょうか。
経営基盤や安定しシステムやセキュリティに関する評価が高くなれば、企業にとってはプラスを言えるでしょう。
しかし十分な資金がなければ、システムやセキュリティの強化を図ることはできないかもしれません。
今後も積極的な増資が行われ経営基盤や事業体制の強化が進めば、みんなのビットコインの存在は仮想通貨業界の中でも大きくなるでしょう。

みんなのビットコインは、仮想通貨交換業のみなし業者と言われています。
厳密に言うと事業者には該当しませんが、2018年末には金融庁による仮想通貨の規制に関する議論がまとまりました。
みんなのビットコインのようなみなし業者であっても金融庁から高く評価されることで、登録の付与が行われるかもしれません。

楽天グループは2018年10月から積極的に増資を行っているため、みんなのビットコインの資本金は今後も増えるかもしれません。
将来性が期待できると思うのであれば、今のうちから取引を始めてみてはいかがでしょうか。

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ
仮想通貨最新情報を集める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加