坂本よしたか

仮想通貨マイニング大手カナン、NYでIPOを計画 早ければ今年前半か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。カナンは中国のマイニング機メーカーであり、日本の投資家たちの間でも知られているのではないでしょうか。
そのカナンが香港でのIPOを計画していることが、2019年に入り報道されたのです。
報道通りIPOが実施されれば、仮想通貨市場にも影響を与えることでしょう。

まず仮想通貨の基本的な内容になりますが、ブロックチェーンという技術が用いられています。
ブロックチェーンとは取引記録の連なりのようなもので、新しい取引の承認に必要となる場合もあります。
取引によって仮想通貨を受け取るための作業を、お金を採掘するというたとえからマイニングと言います。

そしてカナンはマイニングに必要な装置の製造などを行っています。
2013年に設立されたメーカーであり、マイニング装置の他にコンピュータ機器の取り扱いも行っています。
複雑な演算処理を用いて暗号資産を獲得することが可能で、高速カスタマイズチップが採用されているなどの特徴があります。

匿名による関係者のコメントが、アメリカの大手メディアによって報道されました。
カナンは2018年から香港証券取引所に対し、IPOの申請を行っていました。
そして早ければ2019年前半に株の販売がスタートするようです。

しかしIPOの申請に関しては、スムーズに進んでいないとのことです。
2018年11月時点で申請から半年が経過しており、失効してしまったためです。
カナンはIPOのために、少なくとも4億ドルの調達を目標としていたと報道されていました。

ちなみにIPOの申請を行っていたのは、中国のカナンだけではありません。
カナンにとってライバルであるマイニング大手企業も、同様の申請を行いました。
しかし報道があった2019年1月時点では、まだ承認されていなかったのです。
カナンはライバル企業を動向をチェックし、IPO計画を早めに実行したかったのかもしれません。

2018年に入り市場全体は弱気と言われており、2019年にも影響しています。
不況を理由に従業員を一時的に解雇することをレイオフと言います。
カナンのIPOが実行されて状況が改善へと向かえば、レイオフによって困る従業員の数も少なくなるかもしれません。

大手メーカーでもあるカナンでもIPOの目標を立てることがあります。
つまりチャレンジを続けなければ、たとえ大手でも仮想通貨業界で生き残ることが難しいのでしょう。
海外だけではなく日本国内のメーカーも、今後より積極的になる必要があります。

坂本よしたかLINE@はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*