坂本よしたか

2019年おすすめ仮想通貨5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。
現在仮想通貨はすべてあわせると、2000種類はあるとされます。
しかし実際に見てみると、そのほとんどが有名無実の詐欺コインです。
ではこれから仮想通貨へ投資をしようとする人に向けて、おすすめできるものは何かを考えていきましょう。

仮想通貨を選ぶ時に大事なのは、自分がどんな投資をしたいかです。
主には長期投資、中期投資、短期投資の3つにわけられます。
大雑把にわけると長期投資はローリスクローリターン、中期投資はミドルリスクミドルリターン、短期投資はハイリスクハイリターンといった形です。
それぞれにあった仮想通貨がありますので、投資をする時には間違えないようにしましょう。
では2019年におすすめできる5つの仮想通貨を紹介します。

絶対に外せないのは、イーサリアムです。
時価総額2位につける仮想通貨で、主な特徴としては技術力の高さをあげておきます。
特にイーサリアムが注目されているのは、スマートコントラクトという機能です。
これはブロックチェーン上にデータを記載できる技術になります。
例えばですがAがBに商品を渡すと、Bは代金を支払うという契約です。
この条件が満たされると自動的に支払いができるため、様々な企業が取引で使えると予想できます。
仮想通貨の基軸通貨にもなりえるポテンシャルがあるため、おすすめ度はかなり高いです。

もう1つ注目したいのがリップルです。
リップルは国際送金に特化した技術を持つ仮想通貨になります。
他の通貨では1時間ほどかかる送金も、リップルならば数秒で完了できるとされるのです。
この特徴から国内外の金融企業が提携していることもあり、将来的に優れた仮想通貨と言えるでしょう。

次におすすめのはネムです。
日本人から人気が高い仮想通貨で、スマートコントラクトを売りにしています。
また問題になっているマイニングについて、ネムでは独自の方式をとっていて単純にマシンパワーがある人や、コインを多く保有している人を優遇していません。
コインの取引頻度など他の指標を使って、マイニングがしやすくなるので平等だと言えるでしょう。

日本で人気のコインとしてはモナコインがあります。
国内最大の掲示板サイトである5ちゃんねるが発祥の仮想通貨ですが、実は既に現実での支払いにも対応するなど実用性の高さがあります。
国外での知名度は低いですが、日本国内では安定した仮想通貨の1つだと言えるでしょう。

最後に国際的な注目を集めているのが、エイダコインです。
胴元のない公正なオンラインカジノを謳っている仮想通貨で、ブロックチェーンとスマートコントラクトを使うことで不正が行われない、オープンなシステムを採用しています。
有名な数学者などが参画していることでも有名で、仮想通貨取引所にも上場を果たしているコインです。

2019年のおすすめできる仮想通貨5選でした。
有名な仮想通貨とそうでないものを紹介してみましたが、やはり堅実性の高く、将来性があるコインは人気が高いです。

坂本よしたかLINE@はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*